コルド大王のブログ

シンクタンクで研究員をしてます。

人工知能(AI)を導入しようと思ったときに読むべき本

第三次人工知能ブームが到来し、官民問わず様々な組織が人工知能の導入を検討している昨今。しかし、いざ導入しようとしても何から始めてよいのか、そもそも人工知能は何が出来るのかなどなど前提となる予備知識が不足している人も少ないあろう。

そこで、そのような方々向けにお勧めの書籍を紹介します。

 

 

<対象者は下記のような方々>

①非エンジニアの方

人工知能の導入を検討しているので、それにあたって前程知識を身に着けたい

人工知能に何が出来て何が出来ないかをざっくりと整理したい

人工知能について専門用語を使わず平易な文書で書かれている本を探している

等など

 

クラウドからAIへ(小林雅一著)

 AIの進化の歴史が端的にまとめられている良書。従来のルールベースのAIでは数々の限界が生じ一時期終息したブームが、因果関係を無視し統計的推論を用いた新たな手法により息を吹き返したなど、AIがたどってきた歴史がわかりやすく整理されてる。AIを理解するにはまずはその歴史の把握が大事である。

 

②誤解だらけの人工知能田中潤松本健太郎著)

AIに関して流布している様々な誤解を紐解ききめ細かな解説がされている。

また、AIの今後の進化予測についても、年代別に整理されておりとてもわかりやすい。

ちなみにAIの今後については、誇張表現やいい加減な推論を述べた書籍が多い中、事実に基づき極めて丁寧に論証している数少ない(唯一??)の本。

これ一冊読めば、人工知能の導入にあたって必要最低限の知識は習得できる。

 

 

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの(松尾豊著)

 人工知能の第一人者である松尾先生の著書であり、人工知能関連の書籍で最も売れている本。内容は人工知能の歴史やその仕組み、人工知能の今後についてなど非常にオーソドックス。人工知能の原理・仕組みについても一通り丁寧な説明がなされている。手元に必ず置いておきたい一冊。

 

 

おそらく以上3冊を読めば前提知識としては十分である。(もし三冊も読む時間がないという場合は上記②の「誤解だらけの人工知能」から手を付けることをお勧めする)ところで、世の中のAI関連本は嘘が公然と語られているものや、誇張表現だらけのものがありふれている。AI関連本は沢山出版されているが、本当に読むべき価値のあるものは非常に数少ないため、選書にあたってはこの点十分留意していただきたい。

 

 

 

番外:逆に(売れているが)全くおすすめしないもの

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

 

とにかく事実誤認や、一部の情報を隠して読者をミスリードする記述が目立つ。

AIについての嘘を見抜く訓練には有益であるが、それ以外の用途はないのではないだろうか。少なくともAIに関する前提知識のない人が、一冊目に読んでは絶対にダメな本。

 

 

 

追記人工知能(AI)のプログラムを勉強されたい方は下記の記事を是非ご参照ください。

haya192.hatenablog.com