野矢茂樹『はじめてかんがえるときのように』 感想・考察

 はじめて考えるときのようにを久しぶりに読み返してみたので、その感想・考察を書いてみました。

はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内 (PHP文庫)
 

 

1.私が思う考えるとは

私がこの本に初めて出合ったのは、10年近く前(当時大学生)である。当時の指導教官に「もっと自分の頭で考えろ。」と厳しく叱責され続けていた折、偶然この本に出合った。平易な文書で書かれているが内容は深く、以来私の愛読書となっている。

 まず、「考えること」についての筆者の考えにはおおむね同意できる。筆者は、考えることについて、問いを抱え込んだままアンテナを張り続ける、時には空っぽにすることが重要であると主張しているように思う(事実NHKラジオ番組で筆者はそのように発言していた)。自分なりにこの状態をかみ砕いて表現すれば、パソコンのスリープ状態が最もしっくりくる。パソコンは、一定期間起動しなければ、画面が暗くなるが、マウスを少し動かすと再び反応し画面にスイッチが入る、筆者が主張する考えている状態とのはこのような状態であろう。外山滋比古『思考の整理学』においては、考えることをビールづくりにおける酵素発酵に例えていた。問いをしばらく寝かせてほっておく。そうすると次第に考えが煮詰まってくると言うのだ。「見つめる鍋は煮え立たない」のことわざを引用し、思考する際は、積極的に時間を空けることを推奨している。

 繰り返しになるが、これらの考えにはおおむね同意できる。しかし、私は考えることについて次の行為を付け加えたい。それは勝ち抜き戦である。どういうことかというと、ある問いについて暫定的に最適解を自分の中で定める。(若しくはある事象について仮説を立てる。)時間を空けて最初に定めた解とは異なる解を設定し最初のものどちらがより確からしいかを戦わせる。そしてより説得力の強い解が生き残る。以下、この繰り返しの作業である。(勿論、この一連の過程においては筆者の主張するように問題そのものを問う作業を含まれる。)

私が思う考えるととは、筆者の主張に加え、頭の中で主張と主張が激しく戦い凌ぎを削る、そんな状態を思い起こすものである。

 

2.論理は考えないためにあるとの筆者の主張は本当か

 筆者は論理について、考えないためにあるとの大胆な主張を述べていたが、これは本当だろうか。確かに、論理を因果関係の論証(AならばB、BならばC、ゆえにAならばC)という風にとらえてば筆者の主張は正しいであろう。どんな論証でも因果関係をすべて記号に落とし込めれば、その後の作業は考えるとは言わないとの意見は的を得ているように思う。しかし、これは論理について一面しかとらえておらず、誤りであると主張せざるを得ない。論理に考えるとは筆者の言う因果関係の説明の他に、事象を漏れなく、ダブりなく分類するという作業が含まれる。俗に言うMECEのグルーピングである(横の作業との言い換えてもよい)。この作業は先の因果関係の説明のように簡単にはいかず、時には様々な試行錯誤が必要であると考える。私の大学時代の指導教官からも「ロジカルシンキングのうち、因果関係の説明は誰でもできる。しかし、分類はかなりの訓練が必要である」と言われた。筆者はロジカルシンキングのうちMECEの分類作業についてどのように考えているかは気になるところである。ちなみに著書「論理トレーニング」にもこの言及はない。もし、ロジカルシンキングについて「分類作業」の概念が抜け落ちているとしたら、大学教授としてあまりに片手落ちであろう。

 

3.考えることはいいことか

 この本を読むと、「考える」という行為は素晴らしいことであり、極力様々な事象について思考を凝らすべき、という考えに至らないだろうか。さすがにそれは言い過ぎかもしれないが、この本を読み終えた後「よし、今からいろんな事について考えよう」と思う人は少なくなさそうである。ここで、果たして考えることはそこまで必要であろうか?という疑問が私の中で生じた。筆者も先に引用した外山氏も大学教授であり、普段数多くの学生に接している事から、これらの著書は学問・研究をしている学生を主な対象として書かれているように思う。勿論、これらの方々は考えることが本文であるから、そうした作業が必要であることは言うまでもない。しかし、それが普遍的にあてはまるか?かと言われればそうでもなさそうである。以下では、考えることのデメリットについて考えたいと思う。

世の中の優れた実業家には、あれこれ思いついてことを片っ端から実行にうつしている人が少なくないように思う。私の大学の同級生で卒業後すぐに起業し、現在複数の会社を経営している人がいるが、とても色々考えているようには見えない(が成功を収めている)。場合によっては意図的でも思考を停止しバカになることを必要ではないだろうか。思考は動きを遅くし、しばしば行動の邪魔になることもあるように思う。私の例で恐縮であるが、初めてフルマラソン、ウルトラマラソンにエントリーしたときはあれこれ考えずに参加を決断した。考えるという行為に時間を割くと、次第に当初の熱意が逓減しそれがマイナスに作用することもありうる。

考えるという行為も、状況に応じて使い分けるべきであり、時には意図的にでも、それをやめることも重要であると考える。

一か月で宅建に合格する方法

 

スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 2017年度 (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 2017年度 (スッキリわかるシリーズ)

 

 

 

スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12 2017年度 (スッキリわかるシリーズ)

スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12 2017年度 (スッキリわかるシリーズ)

 

 

 

2017本試験をあてる TAC直前予想 宅建士

2017本試験をあてる TAC直前予想 宅建士

 

 

昨年宅建に合格。

その時の話が少しで誰かの役に立てばと思い、生まれて初めてブログを立ち上げこうして記事にしている。

官庁訪問対策②:本当の実力をつけるために

では具体的な方法を下記で述べていく。

結論から先に申し上げると、必要なことは下記の4つである。

 

ロジカルシンキングを習得する

②教養を身につける

③文章を書いてアウトプットを行う

ディベート

 

以上の4点である。これらを順番に実施すれば、官庁訪問もきっとうまくいくことでしょう。少なくとも、全滅(無々定)は避けられるはずです。もちろん一朝一夕に出来るものではないが、粘り強く頑張って欲しいと思います。

 

 

 ①ロジカルシンキングを身につける。

現役の官僚に職員で重視する能力は何かと聞けば、大半はロジカルシンキングとの答えが返ってくる。ロジカルシンキングは、公務員に限らずその他多くの組織にとって必須の能力ではないであろうか。採用時にこの能力の有無を見ていることは容易に想像ができます。詳しいことは、いい本がたくさん出ているのでそちらを参照いただければと思います。下記の本をお勧めします。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

 

 

 

新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)

新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)

 

 

 

論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

 

 

 

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)

 

 

国家総合職:官庁訪問対策①:本当の実力をつけるためには何をすべきか

官庁訪問対策で悩んでいる人は、いないだろうか?

確かに、予備校で官庁訪問対策の講座があり練習はしてくれる。これらを受講すれば一定の効果はあるだろう。

 

しかし、もっと本質的な自分の実力(ちょっとうまい表現がおもいつかないが)を向上させるためにはどうすべきか?と悩んでいる人はいないだろうか?

 

ちまたに溢れている官庁訪問対策講座は、大学受験で例えるなら過去問演習のようなものであろう。ある程度学力がある人にとっては過去問演習は有益であろうが、まったく基礎学力がない人が、いくら過去問に当たっても効果がないのは明らかである。

 

官庁訪問対策の本もいくつか出版されているが、これについても同様。

本当の実力がない人が、いくらこれらの本を読んで対策を練っても無益である、

 

そう、官庁訪問について、エントリーシートの書き方等の直前の対策ではなく、もっと本当の実力をつけるための方法論ついての情報がないように思う。

 

そこで、私が考える官庁訪問対策を次からで期していくことにする。

これから、官庁訪問をする皆さんにとって、少しでも有益なもととなれば幸いである。

 

次の記事へ→→

備忘録:これから投稿予定の懸賞論文サイト一覧

 

これから、投稿予定の懸賞論文について忘れないために記しておきます。

なお、明治大学専任講師の三上真寛さんのブログを一部参考にさせていただきました。

http://www.masahiro-mikami.info/contest(平成29年5月12日)

 

 ・公共政策学会会報 1月末

 

<その他随時募集中のもの>

・都市問題

 

 

 

   

 

松戸市役所 面接試験について振り返る

十年近く前に受けた松戸市役所の2次試験、最終試験について、今頃振り返ってみたいと思う。これから受験しようとする人は是非参考にしてみてください。 

(当時と試験内容変更になっている可能性があるので、募集要項で必ず確認してください)

 

 <2次試験>

 【作文・小論文】

テーマは「住民主体のまちづくりについて」だったかな?

印象に残ってないので覚えてないです・・・

文章を書くのが苦手な人は、参考書で対策をした方がいいでしょう。

 

 

【面接試験】

集団面接。5人一組のグループで行われました。

時間は約30分程度だったと思います。面接官は3名。

 

Q学生時代に取り組んだことと、そこから学んだこと。

 返答後、それに関連した質問あり。

 

Q入庁した後、やりたい仕事について

 

Q考え方が合わない人と仕事をする場合、どうするか?

 

Q併願状況について。

ここだけ面接官が熱心にメモを取っていました。

 

 以上が、二次試験の集団面接です。

面接はオーソドックスな内容なので、特段の対策は必要ないと感じます。

エントリーシートに沿った内容が多いので、事前によく確認してくことが必要です。

むしろ、エントリーシートをしっかり書かないとここで苦労しそうです。

(そうはいっても私も結構エントリーシートは適当に書いてしまったので、そういう人は次で挽回する気概をもって頑張ってください(笑)) 

 

 <最終試験>

 

個人面接。面接官は4人でした。一人ずつ順番に質問してく形式。

時間は20分程度。

 

 ・一人目:年配の優しそう女性

Q大学の専攻について。

Q卒業論文のテーマは何か?

Qなぜ、その学問を専攻したのか?

Q松戸市役所を志望した理由は?

返答については、適宜再質問あり。

 

・二人目:クールな男性

Q先日行われた市長選挙について説明してください

Q市長選の論点は何だったと思いますか

Q公務員は今後どうなると思うか?

 

・三人目:一番年配の男性

Q覚えてない・・・(苦笑)

 

・四人目:若い男性

Q自分の長所について

Q併願状況について

 

以上で終了です。

二次面接と比較して、かなり込み入った内容まで質問されました。

また、こちらの返答に対して適宜再質問がある場合が多かったです。

しかし、質問内容はいずれもオーソドックスなものばかりなため、

通常の準備をしていれば、返答に窮することはないでしょう。 

 

あと、これは聞いた話ですが某自治体(松戸市ではない)の採用試験では、受付の段階から受験生の態度をチェックしているとのことです。受付で横柄な態度をとると、その分評価に影響があるのでしょう。松戸市がそこまでチェックしているか否かは知る由もありません。ただ、そういう自治体がある以上は、試験当日、家を一歩出たら、その瞬間から試験は始まっていると考えたほうがいいかも知れませんね。

 

 

後日、合格発表があり無事に最終合格しました。

気が向いたら、官庁訪問(国家1種「当時」)についても書こうと思います。

 

 

公務員試験 現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本 2018年度

公務員試験 現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本 2018年度

 

 

 

 

 

マンガに教育的価値はあるか?

 

 マンガといってもその内容は千差万別であるが、ものによって十分に教育効果は見込めると考える。例えば、歴史について書かれているマンガである。これは、教科書等の文章を読むのに比べて頭に入りやすく、知識習得と言う意味において教育効果があるといってよい。他にも、少女マンガがある。これは、登場人物の心情変化が複雑に描かれている作品が多く、「国語」の勉強に一定程度寄与することもあると考える。以上のように、マンガも、利用法次第ではいくらでも教育的価値を見出すことは可能である。

 一方で、マンガを一般の書物と対比した時、留意しておくでき点がいくつかある。当然のことではあるが、マンガは一貫した文章になっておらず、独立した文の繋がりによって構成されている。このため、情報が断片的に散りばめられており、一つのストーリーとなっていない。これは物事を構造的に把握することを妨げる恐れがある。言い方を変えれば、木を見て森を見ずということになる危険性を孕んでいる。とはいえ、マンガは、特に幼少期の子どもにとってとっつきやすく面白いものである。そのため、用途、目的によってはマンガに教育価値を求めることは十分に可能であるのである。